大阪市西区のTRX、Rip、ピラティスが出来るマンツーマン指導専門パーソナルジム

目的に合わせたアプローチ

  • HOME »
  • 目的に合わせたアプローチ
LINEで送る
[`evernote` not found]

当施設では、様々なテクニックを使い、お客様のニーズ

(姿勢改善、動作改善、ボディメイク(シェイプアップ)等)
に合わせたエクササイズを提供しております。

 

TRX11

TRX

トップアスリートから高齢者まで対応出来る
シンプルで多彩なツールです
最近はフィットネスクラブでも採用され、

認知度が高まりつつある

サスペンショントレーニング
(上からロープ状のツールをぶら下げそこに上肢や
下肢をつなぐトレーニング)。
その中でオリジナルとして知られているのがTRXです。

手足のいずれかを地面に、
他方をTRXに触れてエクササイズを
行う事により、その中間地点である体幹部に負荷がかかるため、
正しい姿勢を意識しながら行うと、
四肢は勿論、体幹部にも効果的な刺激を
与えることが出来ます。

ただ、TRXを始め、
サスペンショントレーニングは
今までのエクササイズよりも不安定になりやすい
(そこが利点であり特徴です)為、
姿勢をチェックしながら行わなければ、
効果が出ないだけでは無く、
逆に身体を痛めてしまう恐れもあります。

ViPR
ViPR

バイパーと読みます
見た目は単なる筒ですが、
大きさ、重さ、グリップの場所等が絶妙な具合に計算されていて、
今まで、難しいとされていた、3次元の動きに対して負荷をかけることが出来ます。
TRXが特性上、身体を傾けた状態で無いと
負荷をかけにくいのに対し、

ViPRは、自身で身体を安定させた状態で四肢、
体幹を動かすエクササイズが可能なので

より、競技特性に近い動きでのエクササイズが可能です。
体幹はもちろん、股関節周りの動きの習得にも非常に効果的で、
ゴルフ、野球、テニス、サッカー等のアスリートに
特に効果を感じていただけます。

TRX Ripトレーナー

0000000000272
TRXから出されているもう一つのツールです。
3次元の動きの中でも特に回旋、
または回旋の力に耐える能力を
高めるのに効果的なツールです

ViPRと同じく、今までのウェイトトレーニングでは鍛えにくかった
動きを鍛えることが出来ます。

当施設では、ライト、ミディアム、ヘビー、
エクストラヘビーの4種類のコードで
女性から重量級アスリートまで対応いたします。

当施設ではTRX、ViPR、ともに認定を受けた公認トレーナー

マンツーマンで、TRX、ViPRを正しく効果的に指導致します

姿勢改善と機能改善&パフォーマンスアップを

サポートできるピラティスです!

guide-img011
当施設では1対1(もしくは1対数人単位)での
PHIピラティスを行っています。

PHIピラティスはジョセフ H ピラティス氏の
考案したリハビリテーションとコンディショニングとしてのピラティスを
正式に継承している団体の一つです

ピラティスにおける、オリジナルで非常にユニークなエクササイズを
正しく行うことによって、

円背(猫背)、
凹円背(前湾ー後湾姿勢)、
スウェイバック、
平背(フラットバック)、
凹背(チアリーディングポスチャー)等の
姿勢変位の起きている身体には劇的な変化をおこします。
(姿勢が良くなります)

また、日常で気づくことのできない
関節や筋肉の動き、及び呼吸に気づくことによって、

関節の可動域の拡大(より大きく動く)、
動きの分離性
(動き過ぎては良くないところは安定して動くべき所がより動く)、
動きの協調性(より多くの部分が正しく連動して動く)等がよくなり、

日常の生活が楽になる、
姿勢からくる不定愁訴(肩痛、腰痛、膝痛、頚部痛、等)の改善、
スポーツでのパフォーマンスアップ、及び怪我の予防、
即効性のあるシェイプアップとしてのダイエット
(ポッコリお腹の改善、胸郭拡大&胸椎後湾の矯正によるバストアップ等)
など、

視覚的な効果はもちろん、
身体の感覚や数値としても効果を感じることが出来る
非常に優れたエクササイズです。

ピラティスは元来、呼吸法を重要視し、
パワーハウスと言われる、インナーマッスルやコアの部分を
鍛える為、動きの見えない部分を感じなければならない
非常に難しい要素があります。

そのためフィットネスクラブでのグループレッスンでは
限界があります。

しかし、創設者のジョセフ・H・ピラティス氏は
”10回で気分が良くなり、
20回で見た目が変わり、
30回で身体のすべてが変わる”
と言っているように、継続することにより、
身体に対する感覚がどんどん変わっていきます。


モニタークライアント様の変化

左側ががセッションを全く受けられていない状態での姿勢です。
そして、右側が初回の60分セッションを受けていただいた後の姿勢です。

頚部の前湾(頭部前方突出)、肩甲骨の外転(巻き肩)、
腹横筋と外腹斜筋の収縮
(お腹の出っ張りの改善)が改善されています。
monitor1

 

なかなか意識が難しいようですが、
継続していただいて再度モニター報告させていただけるとのことで
ご本人様も喜ばれていました。

モニタークライアント様2

monitor2

こちらも左側がセッション前です。
全く運動歴のない方で、かなり腰椎の前湾がきつく、
疲労がたまると腰痛が出るとのこと。
頚椎上部の緊張も有り肩こりもひどい方で、
顔を隠しているのでわかりにくいかもしれませんが
無意識で顎が上がっている状態。

いわゆる前湾ー後湾姿勢といわれるタイプです。
姿勢の説明をして、第一回目のセッション終了後の
写真が右です。

腰椎の前湾が減少(腹部の緩みが減少=ポッコリおなかの解消)
顎が引けている(頚部の緊張が減少=肩こりの解消)
手のひらが後ろに下がっている
(肩甲骨が後ろに引けている=見た目としてのバストアップ)
など、短時間での姿勢の変化を感じていただけました。

もちろん写真撮影時には、足を置く場所以外の指示はなく、
ご自身の自然な立位感覚で撮影しております。

こちらのクライアント様は次の日の筋肉痛は無かったとのことですが、
今まで意識することがなかったことに気づけたとのことで、
次のセッション時には、かなり姿勢が良くなっている状態で
セッションを始めることができました。

モニタークライアント様3

monitor3

左がセッション前、右がセッション後です。
写真のサイズを合わせるために若干右の写真は大きくなっています。
(縦横比は変えていません)
こちらのクライアント様は都合で30分ほどの短時間での
セッションになったのですが、このような変化を出せました。
反り腰の矯正、フェイスラインの角度が若干修正、
胸椎伸展によるバストラインの修正、
前方気味の重心位置の中心化等。
30分ほどでしたので、ピンポイント的なエクササイズでしたが、
御本人様も体感での腰部の感覚、写真での矯正部位の把握も
納得していただけました。

モニタークライアント様4

monitor4

左がビフォアー、右が1時間のセッション終了後です。
胸椎を圧迫骨折されていて変形があるので伸展位をとるのが
なかなか難しい様子でしたが、股関節の使い方、
呼吸による腹横筋と骨盤底筋群の活性化、
腹斜筋群を活性化させるエクササイズをしていただくことにより、
骨盤が前に突き出た、いわゆるスウェイバックの姿勢が矯正されています。
体幹部の姿勢は御本人様も変化を感じていただけました。

ただ、肩甲帯の筋力が足りなかったのもあり、エクササイズ、
及び体幹の位置修正の関係で肩が前方に移動しているので
次回以降はこちらの方も課題としてエクササイズしていただきたいと思います。

当院では、モニターでのクライアント様も募集しております。
モニターしていただいた方にはささやかなサービスもさせていただいております
お問い合わせください。

発育発達とSAQ

発育発達について

IMG_7000

当院でも使用、販売しているストレッチポール
ですが、そのストレッチポールでのエクササイズを開発、普及している
日本コアコンディショニング協会の、まさしく
”コア”になっている考えは”発育発達”にあります。

地球上で直立二足歩行をする動物は人間だけです。
しかし、他の動物は生まれた瞬間から4足歩行を
開始するのと違い、人間は個人差もありますが
およそ1年余りをかけてやっと直立二足歩行が
できるようになります。 そして、直立二足歩行を獲得するまでに、

泣く(横隔膜、呼吸関係の筋肉、腹部の安定性を鍛える)
首がすわる(正中感覚(体の中心の感覚)をつける)
うつ伏せでの伸筋群(身体を反らす、伸ばす筋肉)の発達
寝返り(胸と腰が別々に動けるようになる、背骨の捻りの動きの獲得)
腹ばい(体幹の機能の獲得)
四つ這い(股関節、肩甲帯の機能の向上、体幹の空中での安定性向上)
おすわり(脊柱や骨盤周りの安定性、連動性の向上)
つかまり立ち、伝い歩き(下肢の機能向上)

などの”既に遺伝子にプログラムされた”運動を順番に行います

しかし、現代の便利な日本の社会では
これらの”遺伝子にプログラムされている機能”を使わなくなっています。

また、それらの機能の獲得後、
以前であれば、子供が遊びの中で得ていた能力、

スピード(前方への重心移動、つまり速く走る能力)
(かけっこ、陸上競技等)

アジリティ(運動時に身体をコントロールする能力、
      方向転換やターンで使われる能力)
(鬼ごっこ、サッカー、バスケット等)

クイックネス(刺激に反応して速く動き出す能力、スタートや静止した状態から
1~3歩の素早い移動能力)

(だるまさんが転んだ、野球での捕球や盗塁動作等)

などの、スポーツ全般に必要とされる、ゼネラルスキルと言われる能力も、
現代の子供の運動量の減少などから発達仕切れていない場合が多々あります。

当施設ではこれらの発育発達のレベルに合わせた、
お子様向けの運動指導も行っております。

また、高齢者の場合、生まれてから二足歩行を行うまでの一連の流れを
再練習、再獲得をしていただくことにより、
体幹部の柔軟性、安定性を高め、転倒予防にも
非常に効果があります。

転倒しないために転倒した状態で身体を動かす。
当施設での運動を高齢者の方も是非ご体験ください。

お気軽にお問い合わせ下さい! TEL 06-7500-5591 受付時間9:30~20:00(土・日・祝日は出られないときがあります)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.