LINEで送る
[`evernote` not found]

こんにちは。
悲しくも柔道が早々に敗退して
寝るのが早くなってます。義田です。
去年の世界選手権は奈良から通っていたので、フラフラだったのですが。。。

某SNSにも書かせていただいたのですが、、、、

穴井選手が負けてのインタビューの第一声が”すいません”
これが本人の気持ち何でしょうね。。。
”悔しい”ヂャなく”スイマセン”
”勝ちたい”ではなく、”勝たねば”の裏返しに聞こえます。
この感覚は、何となく、”円谷幸吉”選手の事を思い出してしまいます。
(もちろん、リアルタイムでは知りませんが・・・・)


たとえば、同じく、本命視されて敗北した
他国の選手、他競技の選手たちはどういうコメントを
残しているのだろう?
アイムソーリーでしょうか?

残念の意味ではあっても、申し訳ありませんの意味ではないような気がします
もしそうならば、
そこがきっと、日本と海外勢の違いではないでしょうか?

穴井選手のコメントは自己を考えずに他者に対しての
感性で発しています。
これは何となく、交流分析のAC(アダプテッドチャイルド)の要素かなと
思ってしまいました。

これまたSNSで書いたのですが、

これは、監督&コーチ陣の追い込み方にも原因があるかもしれませんね。
選手を肉体的に追い込むのはそれが仕事だ
から仕方ないけど、
精神を鍛えるのと、精神的に追い詰めるのは別
の意味な気がしますね。。。 


これにたいして、知人が、
映画の「Le grand Blue」にその辺がよく出てる場面があると教えてくれました。

潜水の世界選手権でコーチが「頑張れ!日本のためだぞ」
本番直前までプレッシャーをかけまくり選手は失神
 

海外でも日本てそうイメージなんでしょうか・・・

篠原監督のコメントは、実際にはどうかわかりませんが
かなり厳しいイメージがあります。
天理&兵庫関係の方はご存知なんでしょうが。。。 

これまた交流分析で言うと、CP(クリティカルペアレンツ)の高い
イメージに思えます。。。
(あくまでイメージです)

CP高の指導者とAC高の選手。
そして、メディアの圧力。
これでは本来のパフォーマンスが出るわけがないと思う。

後出しのコメントですが、
出場した選手でノビノビとプレイできてる人は
かなり少ないような気がします。
松本選手はそういう意味では自分自身を締め付けてしまう
考えではない人だったのではないかなと思います。

今回の柔道競技、
明らかに勝てるだけのパフォーマンスを持ってる人間が勝てなかった。
それは、選手より、むしろ、コーチ陣や連盟、メディアの方に理由があるような気もします。

JUDOではなく、
柔道にこだわり、
勝ちにこだわり、
一本にこだわり、
メダルにこだわり、
そして、敗北直後のコメントまで求める。

確かにそれだけのサポートを受けてる以上、
ある程度の義務はあると思いますが、

あまりにも選手には制約が多いような気がします。

柔道のための柔道でも
連盟のための柔道でも
メディアのための柔道でも
スポンサーのための柔道でも
本来はないと思います。

選手のための柔道。
そういう環境を求めるのは欲張りでしょうか。。。

これまた交流分析で言うところのFC(フリーチャイルド)が高い状態で
試合に望める方が良いパフォーマンスが発揮できると思うのですが。

僕の知人が、試合前に楽屋で、大御所の先生に、
せっかくの舞台やのにそんな顔してたらもったいないで!
等の言葉をいただいたそうです。

なるほど。

せっかくのオリンピックの舞台、ワクワクしないのは
もったいないでしょうね。
多分、試合前に笑っていたりすると日本では批判されるでしょうが、、、
でも、アップセットしないためには笑うぐらいの余裕が程良いと思うのですが。。。

日本の柔道選手が笑いながら
もしくは談笑できるぐらいのテンションで、
オリンピックの舞台を”味わえる”ようになったら、
また、メダルラッシュが戻ってくるのではないでしょうか・・・
それって柔道の精神に反してます???

ちょとまとまり悪いブログでスイマセン。。。
あれ?これもAC???

では~。