LINEで送る
[`evernote` not found]

こんにちは。
週末は、講習会で、何故かフラフラでした。
そんな特別なことを言ってる話ではなかったのですが
何故かフラフラでした。
別に脱法なんとかをしているわけではありません。
存在が違法だとよく言われますが、憲法違反ではないはずです。義田です。

先日、知人が大会に出場されました。

結果をあとで教えていただいたのですが、
僕の価値観では、

”結果に対する満足度は本人の目指していたポジションで変わる”

でした。

だから、それなりのポジションでも
求めていたレベルより低ければ、
おめでとうと言われても、あまり心に入って来ませんでした。
(って、ローカルレベルですが)

だから、知人にもそのポジションで納得されているかどうかがわからなかったので、
(そもそも、その方自身がポジションを求めていなかったでしょうが。。。)
おめでとうと素直に言うことができませんでした。。。
ただ、お疲れさまでしたとだけ。

そして、今朝のとくダネ!で、
北島選手が松田選手に送った言葉を聞いて!!!と思いました。

”メダルおめでとう!結果には満足してないかもしれないけど、
俺は、頑張ってたのを知ってるから”的な言葉。
(すいません、感動したくせに忘れました。。。)

おめでとうは、祝福の言葉でもあり、
私はあなたの頑張りを知っていますよ、って言葉でもあるんですね。

こういうおめでとうもあるんだなって今更気づきました。

頑張ったこと、
頑張り続けたこと。
それはまさに自分自身の勝利なんでしょう。
考えたら、僕自身、試合までに棄権(減量失敗、怪我等)
して、当日そこにいなかったこと多々有りました。。。
we are the champion
歌詞を見たら難しくてなんて言ったらいいかわからないけど、
頑張ったこと
頑張り続けて、今ここにいること。それ自体が祝福でもあり勝利に値するんですね。
そして、そこにいる人達がチャンピオンでもあるんですね。

結果に対して云々って言うのは、先日書いた、
勝たねばならないと全く同じ意味なんだとも気づきました。

昨日からずっと考えていたのですが、
北島選手の言葉から、気づかせていただきました。

そして、今なら、ちゃんと、頑張った人に、頑張り続けた人に、

”おめでとう!”って言えます。

何かが軽くなりました。

感動と気づきを、いただける日々にありがとうございます。

では~