こんばんは。

めっきり、氷まくらの虜になっています。義田です。
ほんと、必ず、頭が氷枕の上に乗っかっていて、
目が覚めたら、玄関のコンクリートの所にお腹を当てて寝ていたってことが無くなりました。

さて、先日、大阪クラス別&関西ボディフィットネスを観戦して、
気合いの入った嫁は、トレーニングとともに、
タンニング(日焼け)にも追い込みをかけています。
それはそれは、もう、どこの国の人だかわかりません。
川口浩探検隊に出てくる原住民でも腕時計の日焼けがあるのに、
そんな物皆無です。(注 日焼けのマシンで焼いてるので)

しかし、、、当年、、、それなりのお年になる嫁さんは、
一応、肌のダメージを考えて、身体はガンガン焼いてるのに、
顔だけは、全く焼いてません。
ちゃんと、老後?の事を考えて焼いているようです。
で、普段は、肌の色に合わせて、ドーラン(ファンデーション?)を塗って
バランスを取っています。

ちなみに化粧品屋が、この番号で最後です。これ以上はありません。。。。と
言わせるまで焼くようです。。。
(この事を話しながら、どや顔・・・)

しかし、、、たまに、プールの指導もする嫁さん。
このときばかりは、ドーランを落とさないといけないそうです。

すると、子供達がびっくりするらしい。。。

”先生、なんでそんなに顔だけ白いん???”

子供はもちろん、顔が日焼けで崩壊する何て知りません。

だから、きっと、子供達は、普通に、顔が日焼けしない生活をしてると
思っているはずです。

だから、きっと子供達には、嫁さんの普段の仕事は、、、、

こんな仕事をしてると思われてるでしょう・・・・

OK!

愛と正義の使者?がたまに現れる
プラスワン整骨院はここ!