こんばんは。

嫁さんが全日本選手権に出場のために
三重県に前日入りしたので、
今だ!と
鬼の居ぬ間に洗濯!と店の洗濯物をして
さぁ、サタデーナイトだ!どっか行って、フィーバーしてハッスルするぞ!と
思っていたのですが、夜勤の疲れか、がくーんと来たので
結局おとなしく自宅でコックリさんしてる(嘘)、
大阪市西区江戸堀 土佐堀 京町堀 靱本町 西本町のボディメイクはお任せ下さい!
ボディメイク プラスワン(プラスワン整骨院併設)のヨシダです!

さて、タイトルですが、
見たまんまです。

ここを見ていただいている方でしたらほとんどの方は
ライザップなるパーソナル指導のジム&そのCMをご覧になられたことがあると思います。
(おそらく)トレーニング&ダイエット前のいかにもやる気のないというか、
ふさぎ込んだ表情&明らかに思いっきりおなかを膨らませて
姿勢を悪くしたビフォアー(と思われる)映像と、
(おそらく)指導後の痩せて?&筋肉がついたといわんばかりの
オイルでテカテカに光ったやたら表情の明るい良い姿勢(をアピールしてる)
の(おそらく)アフター。

←これ。

と、

←これ。

ボディビルだと、”舞台でオイル塗ってテカテカさせてるんでしょー?”って
よく聞かれますが、それは間違いで、オイル塗ると失格です。
選手が光ってるのは汗です。
つまり、オイル塗るとある意味すごく見えるから。
(あと会場が汚れるので)

つまり子のCMは相当のやらせです。
ま、大抵の方はご存知ですよね。

僕が今回思ったのは・・・

”太ってるのが悪で、痩せてるのが正義”的演出が何とも許せないんですよね。

僕もボディメイクさせていただいてるんで、
ダイエットや、筋肉つけるお手伝いはさせていただいてますが、
太ってる人間が不幸で、痩せてるor鍛えてる人間が幸せなんて、
これっぽっちも言いませんし、
そういう前提の指導やカウンセリングは絶対にしません。

”痩せたら幸せになれる”って信念〈ビリーフとかブリーフと心理学的には言うようです)
をお持ちの方がおられるのですが、
それは全くの勘違いです。
むしろ、痩せたら幸せになるのではなくて、
幸せを感じると痩せる方が真実に近いです。
心に足りない何かを満たすために食べる方は相当数おられますから。

痩せていても、めちゃくちゃきれいでも不幸な人はいます。
太っていても幸せな人がいます。

つまり、”痩せたら幸せになれる”っていうのは、
今現在満たされていない人間が、
”ここではないどこかにきっと幸せが待ってるんだ!”
と言う、チルチルミチルの青い鳥的感覚だと思います。

トレーニングもダイエットも、
続けること、結果を出すことによって、
自己肯定感や自信につながるのは確かです。
ただ、それ自体が自分を幸せにすることはありません。
むしろ、トレーニングやダイエットのために、
家庭を、友達を、仕事をないがしろにしてしまっては
全く本末転倒ではないかと思います。

そういう意味で、
こういう、肥満=不幸 ナイスバディ=幸せ
的演出は、いわゆる、本質では全くありません。

健康のためのダイエット&トレーニング、
自身の自己実現のためのダイエット&トレーニング、

そういうセッション、トレーニングをしていきたいと思います。

また、現在は時間の都合上していませんが、
とにかく痩せたい!という、強迫観念に近い方には、
痩せることによって、何が得られるのか?
そして、痩せるために、何を失うのか?
まずはそこに意識を持っていただけるようにお話しさせていただきたいと思っています。
(某心理学では、エコロジーチェックという言い方をします)

結構繰り返してる話なので、
またかよ・・・と思われたらすいません。。。

まず、心が充実しないとトレーニングもダイエットも
生活も充実しません。

トレーニングやダイエットをしてる時(でないと)充実感を感じられない方は
ある意味、嗜癖に入ってるかもしれませんね。

幸せはいろんなところにあります。
その一つをお手伝いできればと思います。

身体と心、どっちが先?と言われれば、間違いなく心と断言するトレーナーのいる、

ボディメイクプラスワンはここ!

ではー(^^)/