LINEで送る
[`evernote` not found]

こんにちは!

大阪市西区江戸堀 土佐堀 京町堀 靱本町 西本町のボディメイクは
お任せ下さい!ボディメイク プラスワン(プラスワン整骨院併設)のヨシダです!

さて、今回は、普通の方にはあまり関係の無い話ですが、
気になったので。

詳しくは書きませんが、
先日、自転車競技の選手がドーピングチェック(禁止薬物を使用していないかの検査)において陽性になりました。
ところが、こちらの選手には禁止薬物を摂取した記憶が無いとのことで、検査以前に摂取していたサプリメント(栄養補助食品)を
調べたところ、海外製マルチビタミンから禁止薬物が検出されたとのことです。
ただ、このマルチビタミンは選手が以前に検査を受けたときにも摂取していて、そのときは陰性だったこと、
検出された分量があまりにも微量だったらしく、効果を出すレベルの分量では無いところから、
メーカーが意図的に混入したと言うよりは、製造ラインにおいて汚染されたのでは無いか?
(検出された成分は海外ではハードコアなサプリでは入ってることもある成分のようです)
との見方もされているようです。

と言うことで、この選手が不本意ながら陽性になったのが何かしらの方法で証明されたようで、
公式戦への出場禁止期間が短縮されたようです。

で、このサプリを購入したルートですが、
有名な海外のサプリ販売業者で、僕も以前に購入したことがあります。

この事件で言うならば、この業者さんは、あくまでサプリの販売業者で、
メールマガジンなどで、謝罪はしているものの、
ドーピングの片棒をかついだわけでは無く、れっきとした”被害者”だと思うのですが、
(メーカーが薬物混入なんて、販売者がわかるわけでは無いですし、
海外製サプリは訳のわからん物が入ってるかも知れないって風評は少なからずあったわけですし、
それを証明してしまったわけですから)

この件に際し、メールマガジンで(少なからず僕としては)驚くべき理論を発しました。

ドーピングとは薬物であり、身体の不調を治す薬の投薬もすべてドーピングの範疇と言ってしまっています。
また、医師に薬剤を処方してもらって肉体改造をしたとしても、それが違反となる競技に出なかったらそれで良いでしょう。と言い切っています。

この感覚は、海外では自己責任の感覚としてはアリかも知れませんが、
日本の感覚としては受け入れがたいと思います。

なぜなら、薬物という物には必ず、副作用があります。
飲み過ぎたり、飲み方を間違えると、不本意な結果になる可能性があるわけです。
その責任を誰が持つのか?と言う部分で、コントロールしてる部分があるわけです。
危険な薬なら、医者が責任を持って処方するからリスクを最小限にしながら、ベネフィットを受け取る事が出来るわけです。
日本のサプリで汚染問題があればもちろんメーカーが責任を負わなければいけないわけでもあります。
また、OTC(薬店で簡単に買える物)でもリスクがある物は、常時、処方箋が必要な物になったり、
成分変更されていきます。
(利尿剤が昔、薬局で買えたのに、水商売の方が、むくみとりで乱用して処方箋が必要になったり、
咳止めのブロン液からエフェドリンがなくなったのは有名な話です。)

で、海外製のサプリの場合は誰が責任を負うのか?
海外製のサプリは”個人輸入”です。
リスク、責任は輸入した個人にかかってきます。
売った側が責任を持つのでは無く、買った人の責任になります。
それこそ、バイアグラを海外から買うのと、ビタミンを買うのは同じです。

そして、ドーピングがなぜいけないか?の理由として、

選手の健康を害する
アンフェアである
社会に悪影響を与える
スポーツそのものをだめにする

といろいろな団体が明記しています。
これらには、競技としてのルールだけでは無く、
団体がスポーツを通して人間形成や教育としての価値を持っているからだと思います。
インターネットが普及して、ジュニア選手ですらネットで海外の商品を見つけることが出来る時代
(購入は大抵クレジットカードが必要でしょうが)
競技に出ないのであれば使ってもいいと言うのは、たとえ百歩譲って、人間の本性だったとしても、
日本の風土としては到底マジョリティにはならないでしょう。

むしろ、会社としての企業倫理やミッションを疑ってしまいます。
売れたら良いじゃん。でもリスクは個人輸入なんだからそっち持ちですよ。なんて、どうかなと。
正しいサプリで懐にも優しく、健康を手軽に日常にもたらす。そんなミッションを
建前でも良いから書いて欲しいと思います。いろいろなメディアに広告を出すところなのですから。

って事で、僕はここのサプリメント屋さんから購入するのはやめました。

海外製品は安くて良い物が多いのですが、
ファンタジー(コレを飲めば身体が変わる!等)を求めると、リスクも増えます。

ご注意ください。

では~(^_^)/