LINEで送る
[`evernote` not found]

こんばんは。

大阪市西区江戸堀 土佐堀 京町堀 靱本町 西本町のボディメイクは
お任せ下さい!ボディメイク プラスワン(プラスワン整骨院併設)のヨシダです!

さて、先日から機材の入れ替えが続いていますが、
今回は、パワーラックの入れ替えをしました。

以前使っていた物は、よく言えば加工しやすく、セーフティスクワットバーのハンドルを付けたり、
ハーフラックもどきに出来ていたのですが、
やはり高重量を扱うときには不安がありました。
(200KG以上のバーベルスクワットはやはり怖かったです(^_^;)

と言うことで、新しいパワーラックはこちら。

マイクロジム(パーソナルメインのジム)ならお約束のタフスタッフ。
お約束過ぎて、お客様に、普通のジムみたい(笑)って言われるぐらいベタ(笑)

ただ、このパワーラックは、現行の物では無く、前のモデルです。
古いから導入したのでは無く、
このモデルだから導入しました。
このモデルは現行より、バーベルフックの数が多い、
セーフティーの固定が、穴にストッパーがはまるタイプ(ラットプルダウン時に脚が固定しやすい)
と、使い勝手が現行モデルより良いからです。

で、早速、改造(笑)


セーフティにバーベルをヒットさせると結構大きい音が出るので、
ゴムカバーを追加。

 

ラットプルダウン時に身体が浮かない様にするパッドを左右から通せる様に、
自分で調整した場所に溶接。

バチバチッと。

そして、セーフティーの固定する場所が一番下と、固定できる一番下の穴の距離があるので、
セーフティーを固定する穴を追加。

こんな感じで段階的に穴を広げて、一番下の穴の下に更に3つ追加。

とりあえず、こんな感じで、高重量のラットプルダウン、
デッドリフト時のセーフティーの高さ調節等がやりやすくなりました(^_^)/

近日中に、セーフティースクワットバー用のハンドルも追加する予定です。
コレは完全自作になる予定なのでどうなるかちょっと心配ですが(^_^;

今回、パワーラックの改造に当たり、
以前のパワーラックの経験を生かすことが出来ました。
多分、いきなりこのパワーラックを購入していたら、改造する勇気は無かったと思います。
実際、今回の改造も前回の改造を思い出して、ギリギリ大失敗する直前で気づくことが出来た部分もありましたし(^_^;

そこで、ふと、宇宙兄弟の南波六太の台詞を思い出しました。

”いい素材を使ってるモノが いいモノとは限らねえんだ
だけど… 失敗を知って乗り越えたモノなら それはいいモノだ”

いろいろと試行錯誤しながら発見する事って楽しいですよね。
エクササイズには方程式がありますが、その方程式もセミナーで受け売りだけじゃ無く、
試行錯誤する事って大事ですよね。

って事で、いろいろ試行錯誤しながら新しいモノも作りたいと思っているトレーナーのいる、
ボディメイクプラスワンはここ!

では~(^_^)/