大阪市西区のTRX、Rip、ピラティスが出来るマンツーマン指導専門パーソナルジム

PHIピラティス

  • HOME »
  • PHIピラティス

PHIピラティス

姿勢改善と機能改善&パフォーマンスアップを

サポートできるピラティスです!

guide-img011
当施設では1対1(もしくは1対数人単位)での
PHIピラティスを行っています。

PHIピラティスはジョセフ H ピラティス氏の
考案したリハビリテーションとコンディショニングとしてのピラティスを
正式に継承している団体の一つです

ピラティスにおける、オリジナルで非常にユニークなエクササイズを
正しく行うことによって、

円背(猫背)、
凹円背(前湾ー後湾姿勢)、
スウェイバック、
平背(フラットバック)、
凹背(チアリーディングポスチャー)等の
姿勢変位の起きている身体には劇的な変化をおこします。
(姿勢が良くなります)

また、日常で気づくことのできない
関節や筋肉の動き、及び呼吸に気づくことによって、

関節の可動域の拡大(より大きく動く)、
動きの分離性
(動き過ぎては良くないところは安定して動くべき所がより動く)、
動きの協調性(より多くの部分が正しく連動して動く)等がよくなり、

日常の生活が楽になる、
姿勢からくる不定愁訴(肩痛、腰痛、膝痛、頚部痛、等)の改善、
スポーツでのパフォーマンスアップ、及び怪我の予防、
即効性のあるシェイプアップとしてのダイエット
(ポッコリお腹の改善、胸郭拡大&胸椎後湾の矯正によるバストアップ等)
など、

視覚的な効果はもちろん、
身体の感覚や数値としても効果を感じることが出来る
非常に優れたエクササイズです。

ピラティスは元来、呼吸法を重要視し、
パワーハウスと言われる、インナーマッスルやコアの部分を
鍛える為、動きの見えない部分を感じなければならない
非常に難しい要素があります。

そのためフィットネスクラブでのグループレッスンでは
限界があります。

しかし、創設者のジョセフ・H・ピラティス氏は
”10回で気分が良くなり、
20回で見た目が変わり、
30回で身体のすべてが変わる”
と言っているように、継続することにより、
身体に対する感覚がどんどん変わっていきます。

当院で実際にレッスンを受けていただいた方は
初回では姿勢の改善を感じるとともに、
背骨周りに少し筋肉痛を感じることが多いようです。
コレは、普段、背中周りの筋肉を使えていない、緩んでしまっている事から
来てる筋肉痛で、筋肥大(筋肉が大きくなる)の種類の筋肉痛とは
意味合いが大きく異なります(筋肉痛そのものは同じ生理的反応です)

他の多くの整骨院などで行われている、骨盤矯正や調整は
急性の腰痛などの除去等には有効な場合がありますが
自身の意識の変化のない矯正は結局一時的な効果しかありません。
コレは、身体には
安定させる姿勢と安定させる力が必要だからです。
いくら素晴らしい治療家が施術を施しても、
それを維持する筋力、意識がなければ結局は施術前の状態に戻ってしまいます。
長年の習慣で起きている場合は特にその傾向が強くなります。
ですから自らの意識で自らの身体に気づき、動く必要があるわけです。

このように眠っている、働くべき筋肉や意識を程よい強度で
目覚めさせることが出来るように
当院では、患者様一人ひとりの姿勢やニーズ、体力レベルに合わせた
エクササイズの選択、修正、応用を行いますので
どなたでも体の変化が感じられる、
PHIの魅力が感じられるセッション(運動)を行います。

まさに身体が変わる、
動きが変わる、
生活が変わる、
PHIピラティスを是非体験してください!


モニタークライアント様の変化

左側ががセッションを全く受けられていない状態での姿勢です。
そして、右側が初回の60分セッションを受けていただいた後の姿勢です。

頚部の前湾(頭部前方突出)、肩甲骨の外転(巻き肩)、
腹横筋と外腹斜筋の収縮
(お腹の出っ張りの改善)が改善されています。
monitor1

 

なかなか意識が難しいようですが、
継続していただいて再度モニター報告させていただけるとのことで
ご本人様も喜ばれていました。

モニタークライアント様2

monitor2

こちらも左側がセッション前です。
全く運動歴のない方で、かなり腰椎の前湾がきつく、
疲労がたまると腰痛が出るとのこと。
頚椎上部の緊張も有り肩こりもひどい方で、
顔を隠しているのでわかりにくいかもしれませんが
無意識で顎が上がっている状態。

いわゆる前湾ー後湾姿勢といわれるタイプです。
姿勢の説明をして、第一回目のセッション終了後の
写真が右です。

腰椎の前湾が減少(腹部の緩みが減少=ポッコリおなかの解消)
顎が引けている(頚部の緊張が減少=肩こりの解消)
手のひらが後ろに下がっている
(肩甲骨が後ろに引けている=見た目としてのバストアップ)
など、短時間での姿勢の変化を感じていただけました。

もちろん写真撮影時には、足を置く場所以外の指示はなく、
ご自身の自然な立位感覚で撮影しております。

こちらのクライアント様は次の日の筋肉痛は無かったとのことですが、
今まで意識することがなかったことに気づけたとのことで、
次のセッション時には、かなり姿勢が良くなっている状態で
セッションを始めることができました。

モニタークライアント様3

monitor3

左がセッション前、右がセッション後です。
写真のサイズを合わせるために若干右の写真は大きくなっています。
(縦横比は変えていません)
こちらのクライアント様は都合で30分ほどの短時間での
セッションになったのですが、このような変化を出せました。
反り腰の矯正、フェイスラインの角度が若干修正、
胸椎伸展によるバストラインの修正、
前方気味の重心位置の中心化等。
30分ほどでしたので、ピンポイント的なエクササイズでしたが、
御本人様も体感での腰部の感覚、写真での矯正部位の把握も
納得していただけました。

モニタークライアント様4

monitor4

左がビフォアー、右が1時間のセッション終了後です。
胸椎を圧迫骨折されていて変形があるので伸展位をとるのが
なかなか難しい様子でしたが、股関節の使い方、
呼吸による腹横筋と骨盤底筋群の活性化、
腹斜筋群を活性化させるエクササイズをしていただくことにより、
骨盤が前に突き出た、いわゆるスウェイバックの姿勢が矯正されています。
体幹部の姿勢は御本人様も変化を感じていただけました。

ただ、肩甲帯の筋力が足りなかったのもあり、エクササイズ、
及び体幹の位置修正の関係で肩が前方に移動しているので
次回以降はこちらの方も課題としてエクササイズしていただきたいと思います。

当院では、モニターでのクライアント様も募集しております。
モニターしていただいた方にはささやかなサービスもさせていただいております
お問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい! TEL 06-7500-5591 受付時間9:30~20:00(土・日・祝日は出られないときがあります)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.