LINEで送る
[`evernote` not found]

こんにちは!

大阪市西区江戸堀 土佐堀 京町堀 靱本町 西本町のボディメイクは
お任せ下さい!ボディメイク プラスワン(プラスワン整骨院併設)のヨシダです

さて、前回のブログで探偵ナイトスクープに出演する話を書きましたが、
その通りに放送されました。

で、結局こんなしょぼい身体なのに上着脱がされてみんなに笑われて?綿を食べてえづいたり、マフラーのススを吸ってむせたり、ヘルペスで出血してまで(苦笑)、
何をしたかったのか?と申しますと、

どれだけシャウトしても周りに迷惑のかからない音量まで下げることが出来るマスクを作りたい。
って事なんです(依頼文そのまま(苦笑))

ゴールドジムでは、公式?にシャウト効果(シャウトすることで5~7%パワーが上がる)はありません!と明言しているようですが、
追い込んでも声が出ない人もいれば、自然に出る人もいると思います。
出ない人からすれば、無理にシャウトしてもあまり意味が無いかも知れませんが、
自然に声が出てしまう人間からすれば、”シャウトを我慢する”事は、
フルパワー出し切るのを押さえている感覚があります。(少なくとも僕はそんな感じです)
そういう意味では、シャウト効果は無い人はいるとしても、
シャウトを我慢するのがネガティブな人はいるはずだと思います。
(実際のスポーツの場合、巧緻性や筋の協調性が大事なので、シャウトが競技能力のアップに直結するとは僕もあまり思わないですが、
シャウト効果で検索すれば、単純筋力に関しては有意に効果があるレポートは結構出てくるようですね)

ただ、誰も彼もがシャウトしていたら、よほどハードコアな会員ばかりのジムでないと、
経営としてなり立たない(と言うより、地獄絵図(苦笑))のも事実だと思います。
自分もシャウトしながら、心の中ではすいませんと謝っていたものです(ホントか?)

個人的にはこっちの意味でゴールドジムはシャウトを禁止してると思います。
でなければ、鈴木選手が、サプリの広告ポスターで思いっきりシャウトしてる(風な)写真を使ってること自体が
矛盾してますし(笑)

で、もし、こういう、シャウトしても迷惑がかからない音量まで下げれるマスクが作れたら、

シャウトする人にはフルパワーのトレーニングが出来る。

(副次的に?シャウトすると気分的にもスッキリするよね。って会話が共通してあります(笑))

周りの人も迷惑がかからない。

ジムの経営者の方にとっても、ジムの会員さんで叫ぶ人がいたら、
このマスクを買わせれば、ハードコアなジムでも一般のお客さんが怖がらないで済む(苦笑)

(春先とか秋口で窓を開けてる状態だと、叫び声が聞こえたりして、周りに怖がられますしね(苦笑))

と、売り手良し、買い手良し、世間良しのまさに”三方良し”な商品になるのでは無いかなと思ったわけです。

そして、この話を舞台系の仕事をされている方に話したら、
それ、家で声出しの練習するときに便利そう!と、まさかの別業種の方からもニーズが!
実際、佐々木蔵之介さんも欲しいって言ってもらえましたし(番宣のお返しのリップサービスかも知れませんが(苦笑))
でも、実際に、自作してる演者さんもいてると思います。
また、歌を歌う方でも音程のチェックは難しいかもですが、発声のアップ等には使えると思います。
また、それ以外でも、声が大きい人の話で、こう言う物があれば良いよね。って言う方は意外と多いようです。

さて、実際にエムケー技研さんのご協力で、
番組の様に、実際に消音機能のマスク?は出来上がったのですが、

商品化するに当たって、
デザイン、(さすがにあれじゃモゲラですよね・・・)
これがモゲラ(苦笑)

衛生面
(シャウト時には唾が飛びますので、なるべくグラスウール部分と
マスク部分は接していない方が良いかなと)

機能性(消音性能は、放送時の物と同じレベルで無いとダメでしょうし、
使い込んで行くにつれて性能が落ちたらダメでしょうし、サイズが合わなければダメですよね)

製造コスト
(ゼロからの制作になるので、いくらかかるのか全くわからない・・・)

このあたりをクリアーさせていかないとダメですよね。

ちなみに、消音性能ですが、番組で112デジベルから60デジベル台まで下がりましたが、
あれはやらせでは無く、本当に消音できています。
実際に、某ゴールドジムに昼頃(会員が比較的いない静かな時間帯)に持ち込んで、
トレーナーが後ろにいてる状態で、思いっきりシャウトしながらトレーニングしてみたのですが、
怒られるどころか、全く気づかれませんでした。
ただし、遠くにいたトレーナーに、
あれ、なんや?と指でさされて、もう1人のトレーナーに、ほら、あのクチバシ・・・って感じでジェスチャーされました・・・(^_^;
さすがに普段黙々とトレーニングしてるのに、モゲラになっていたら怪しいですよね。。。恥ずかしかった(苦笑)

で、順番が逆になるのですが、これだけ作りたーい!って思っておきながら、
実はどこかで同じ物が既に作られていたら、意味ないじゃん!って事で、
国内ではそれなりに業界長いので無いとはわかっていたのですが、
もしかしたら、海外で既にあるかも?と思い、
海外でのシャウト状況(プロレベルの競技者でもシャウトはするのか?
海外で同製品?があるのか?)を海外で実際にトレーナーをされていた方、
海外にも知人が沢山いる有名ビルダーにお聞きしたのですが、
特には無いとのことで、んじゃやってみよう!って事で、、、

近日中に実際に制作依頼をお願いする会社の方と
(これが業界の人ならまず知ってるはずの超有名会社だったりします)
打ち合わせして、本当に作れるのか?(作れる技術力は確実にあるところです)
予算がどれくらいかかるのか?(コレが一番の壁ですよね・・・)等を煮詰めていって、
現実的なレベルに落とし込めそうでしたら、
クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げる事になります。

って事で、プロジェクト立ち上がった際には是非、皆さん、寄付?お願いします。
寄付のお礼は、もちろん出来上がったマスクをお渡しいたします。

ジムでフルパワーでシャウトしても怒られないって良いと思いませんか?

また、一般的な住宅事情のホームトレーニーの方なんてシャウトなんて絶対無理ですよね。
誰にも迷惑をかけずにフルパワーで自宅トレーニングできたら良いと思いませんか?
(販売するときには、”ベンチプレス等、人を呼べない状態になると致命的な事故を起こす使用法は絶対におやめください”って書きますが)

いちいち、海や広い河川敷まで行かずに暖かい自分の部屋で漫才の練習出来たら良いと思いませんか?(笑)
(注 大阪では、道頓堀川近辺でよく若手の漫才師が練習しています)

と言うことで、クラウドファンディングでシャウト出来るマスク(商品名も一応既に考えてあります)の製造販売を真面目に考えている、
本気の人が全員シャウトしてるわけでは全くありませんが、本気でトレーニングしてたからこそ自然にシャウトしてたトレーナーがいる
ボディメイクプラスワンはここ!