左右から出ているケーブルを両手、片手、また高さや負荷を変えて、胸、腕、体幹部、脚と、ほぼ全身のエクササイズを行うことができます。
また、負荷をかける方向を変えて、高い自由度でエクササイズを行うことができます。

ケーブルクロス

トレーニングメソッド一覧へもどる >>