z

マックスグリップ(MAGグリップ)導入しました。

こんばんは!

大阪市西区江戸堀 土佐堀 京町堀 靱本町 西本町のボディメイクは
お任せ下さい!ボディメイク プラスワン(プラスワン整骨院併設)のヨシダです!

さて、昨年9月頃から機材をほぼ総入れ替えしておりますが、
今回は、ちょっとしたツールのご紹介を。
(あまりにも良い物なので、販売も始めてしまいました(^_^;
販売のページは、こちら!

コレ。
ぱっと見、イカリ?みたいな形ですが、
前から見ると、

こんな感じ。

年末頃から数種類導入している、ラットマシンや、ケーブルロウイングで使うハンドル、
通称?マックスグリップ(MAGグリップとも呼ばれています)です。

こちらのハンドル、どのタイプでも手首が掌屈(手のひら側に曲がっている)したポジションで
引く形になっているので、比較的腕の力が入りにくくなり、結果、背中の筋肉が使い易くなります。
知り合いの柔道家の方に使っていただくと、
ナローサイズのアンダーグリップ(回外位。手のひらが上を向いているポジション)なんかは、
もろ柔道の練習でする動きと同じで、コレ、柔道の補強にバッチリですね!と。
確かに、このハンドル、ストラップを巻き付けられないのが欠点というか特徴なのですが、
柔道家ならそれぐらいの握力はついてますしね。

他にも、

こんなのや、

こんなの。

あと、

こういうサイズのもあります。
(これはデカいので、サイズ感が今ひとつわかりにくいでしょうが)

ちなみに、このグリップ、ストラップが使えないから、滑り止めのコーティングが施されているのと、
手首が曲がるので引っかける形になっているので、
僕でもワイドのハンドルで、とりあえず140kgでも引けました。

こちらのハンドル、3サイズ、7種類あるとのことで、
既に4種類をそろえてあるのですが、確かにハンドルごとに効く場所や感覚が違うので
とりあえず、残りの3種類も試してみようと思います。

追記。あまりにも効きが良いので、
全て揃えました!

こんな感じです。うーん、存在感♪(マニア的に悦に入ってます笑)

って事で、アイソラテラルのロウイングが入ったのに、更にハンドル増やしてる、

背中にやたらこだわってるトレーナーのいる、

ボディメイクプラスワンはここ!

では~(^_^)/


4 thoughts on “マックスグリップ(MAGグリップ)導入しました。

  1. ラットプルダウンで使うためにどれか1つだけ購入するとすればどれが一番オススメでしょうか?

    1. U様
      コメントありがとうございます。
      ラットプルダウンで1つだけというと、ミディアムのアンダーグリップかニュートラルグリップが
      一般的ですが、やはりU様が背中のどこを鍛えたいか?(ざっくりで言うと、厚みが欲しいのか?広がりが欲しいのか等形状的な狙い、
      もしくは、広背筋&大円筋、または広背筋&僧帽筋中部&菱形筋等、筋肉の部位の狙い等)という目的と、

      実際に背中のトレーニングが出来ているか(当施設に直接買いに来ていただいた、ほとんどの方が、
      試していただくと、ラットプルダウンの動き自体に修正するポイントがありました。これは、ジム経営されている
      トレーナーの方でもそうでした)
      等の部分が絡んできます。
      よろしければ是非お問い合わせいただいて、実際に触っていただくことをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください