z

酸素カプセルを導入しました!

こんにちは!

ボディメイクプラスワンヨシダです!

さて、今回は新しい機器導入のお知らせです。

cof

これ。

はい、アスリートならご存じの酸素カプセルです。
どちらかというと、既に一周してる”枯れた”ツールですが、
個人的に、以前勤めていた店で導入していて、僕自身ちょくちょく使っていて
体験的に効果を感じていたので以前から欲しかったのです(^_^;

筋トレがブームになっていますが、
そもそも一般的なボディメイクと言われる筋トレ(筋肥大目的)は
筋繊維にダメージを与え、そこからの回復時に適切な栄養と休息を与えることによる
”超回復”が起きなければ単なるしんどいことして喜んでいるだけになってしまいます。
そして、実際、当施設のようなパーソナル専門のジムに来られる方は、
回復力が20代の頃より結構落ちてしまっている方が正直多いです。
(かくいう私も既にアラフィフ・・・やはり回復力の低下は否めません・・・)

自分も40歳になるまでは毎週200kgのバーベルスクワットや、
ラットプルダウンでも170kg近くでやっていましたが(もちろんチーティングしてます)、
今じゃ、週5日そんなトレーニングやってたらもうガタガタになります・・・
逆に言うと、20代、30代はそれぐらいやれるって事ですね(もちろん環境にもよります)

そう言う方のため(=自分のためでも有りますが(^_^;)に
回復力のサポートとして、導入いたしました。

ちなみに、酸素カプセルはヘンリーの法則に基づいています。
(※ヘンリーの法則とは【気体が液体に溶解する量は、その気体の分圧に比例する】という理論で
気圧が高くなるほど血液の中に溶け込む酸素(溶解型酸素と言います。それに対してヘモグロビンとくっつく酸素は結合型酸素と言います))
ちなみに当施設のカプセルはもちろん業務用の高圧型(1.35気圧まで上がる)です。
また、閉所や暗所がどちらかというと苦手な方でも入りやすいようにカプセルのカバーは付けず、
明るい状態で開放感を感じやすいようにしてあります。
(暗い方が好みの方はカバーを掛けて暗くします)

また、酸素カプセル使用時には、
マイクロカレント(微弱電流)の装置も同時に使用していただけます。

マイクロカレントとは・・・
人間には知覚できないほどの微弱な電流を流すことにより、
筋組織を修復する筋衛生細胞を増やしケガや筋繊維の修復を早める装置です。

某番組で特集されたときの映像です。

私の周りのアスリート、パフォーマー達も、経験的に、ケガの治りが早くなったと言っております。
(ただし、微弱電流は電気自体の感覚は無いのでコレで治った!と言う感覚はほとんどありません・・・
使い出すと、そう言えば治るのが早くなったなぁって程度です・・・コレが爆発的人気に繋がらない理由ですね・・・)

と言うわけで、アラフィフだからこそわかる回復力の衰えもサポートします!

昭和生まれの、アラフィフトレーナーのいる、
ボディメイクプラスワンはここ!

では~(^_^)/


One thought on “酸素カプセルを導入しました!

  1. わたしも利用しています。なるほど、ヘンリーの法則ですか、とてもカラダが楽になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください