z

楽しむということ。続けるということ。

こんばんは。
今日も柔道は金がなかったですね。
これは、僕的には、新しい日本柔道のスタートだと思います。
選手はいつも一生懸命なのは当たり前。
コーチ陣、
役員陣たちが、いかに変わることができるか?
システムとして、限界に来てることに誰が気付くことができるか?
それを認めて変えることができるか?そこが問題だと思います。

さて、こんなことを自分で書いていて、
???と思いました。

勝たなければならない、
何々でなければならない・・・・

あれ?

これって僕のスタイルそのままやん・・・

そして、実は、昨日、知人に電話で怒られました。
実際には怒られたというより、怒らせたという方が正解ですが・・・

そして、SNSの知り合いが言った、
”何十年もテンション上げっぱなしなんて無理!”って言葉。

これは僕にとってのシステムの限界を示唆(というより指摘か・・・)
しているように感じました。。。

今回、義務感?に、さいなまれた選手たちだって
純粋に柔道を楽しんでいた時があったと思います。
投げて楽しく、投げられるのも楽しい。
そんな時期があったのではないかなぁと。

少なくとも、僕にはそんな時期があったきがします。

某コナミ会員時代にはスキーサークルに入って
会員さんたちとスキーに行ったり(笑)。

これからも、環境的に許されるなら、トレーニングは続けたい。
だったらやっぱり、楽しまないと続かないだろうし、続けられないと思う。
正直、今現在、全くモチベーションがないのも事実。。。

頑張って楽しむっていい方は変だけど、
ちょっと、昔の気持ちを思い出して、まずは楽しむ。
そういうふうに変えてみようと思いました。

ブログ見てる方で、トレーニング中に僕を見かけた方がいれば
話しかけてみて下さい。。。
”ブログ見ましたよ”って。
そしたら、たぶん、なんとも言えない顔でハニカム?と思います。。。(^_^;)

ハニカミ王子には程遠い、
ハニカミ大魔王?だと思います・・・

そんなことを思いながら、今日、ジムに行ったら、、、
ここ最近では、一番追い込めた感じがします(苦笑)。

無理に笑う必要もないだろうけど、
無理に怒る必要もないんだなって。

頭ではわかってたつもりだけど、
自分の中の意地?みたいなものもあって、できなかったこと。
せっかくだから、ちょっぴり、ちょっとづつだけど、
楽しんでみようと思いました。

感じさせて、考えさせて、思いつかせてくれた人たちに感謝です。

では~


2 thoughts on “楽しむということ。続けるということ。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    頑張り方って、人それぞれ。
    楽しいって、人それぞれ。
    なんと言いましょうか。。。。
    自分のピンチの時や自分がミスした時って、
    「(自分が成長する)チャ~ンス!!!」
    。。。。仕事をし出してから思うようになってった。
    テンパってる自分を、傍観して嘲り笑いながら、
    ピンチやミスに対し、色々考えを巡らせ、
    脱出していく過程が面白い♪♪♪
    すそのが広い山は高いと言うけれど、
    山でなくてもええんちゃう?
    設計次第で高いビルも人間は建てられる。
    でも、やっぱ、山でしょう!いう人もいるやろし。
    エベレストの高さよりもっと深いマリアナ海溝のように、
    深~いのんが、楽しい人もいるんちゃうかなぁ~。。。。?
    私の場合。
    最短距離が大好きで。
    ソレを狙って、ドツボに入った事が多々あり。。。。
    「水戸黄門」のテーマソングを思い出すねんけど。。。。www
    でも最短距離を狙わずにはいられん!!!←おバカ(笑)
    人生山あり谷あり、町あり田舎あり、
    手助けしてもらいつつも、自分一人で進まなアカン時もあり。
    でも。
    やっぱり。
    飛行機で飛び立つ瞬間が大好きなワケで。
    「大好き」と「楽しい」が近くやったら、無敵!な気がするなぁ♪

  2. SECRET: 0
    PASS:
    コメント有難う。
    てか、難しいわ(苦笑)。
    昔はそんな自分に酔ってて、
    ビルダーかくあるべき!
    なんて思ってたのですが、
    (実際、今でも、僕は
    ボディはじめて間がない人には
    自分に酔ってる時は何しても
    いいと思うといってます。
    僕自身、犬の餌食べたり、
    寝起きで焼肉食べ放題いって
    限界まで食べて胃薬飲んでと言う生活してた時があります。
    それでも酔ってるというか、
    自己肯定感があるときはOKでした。)
    さすがに疑問を持ってからは
    無理ですね。
    つまりは、
    そんな俺だけど、
    だって俺ってそうなんだもーん。
    って思えてたらいいんでしょうね。
    これでいいのか?
    って疑問を持ちだした時、
    それは次のステップに進む段階になったってことでしょうね。
    てか、君もそろそろ次のステップ?
    もう少し今を味わっとく?
    ではー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください