z

アームカールを改造しました。

こんにちは!大阪市西区江戸堀 土佐堀 京町堀 靱本町 西本町のボディメイクはお任せください!ボディメイクプラスワンのヨシダです!

さて、先日ブログに書いたアームカールですが、やはり我慢できずに改造しちゃいました(^_^;

前回に書いた、ココがこうだったらなぁって部分ですが、簡単に言うとグリップの角度と太さです。

写真を見ていただくと分かると思いますが、グリップの角度がほぼストレートなのでストレッチポジション(腕を下ろした位置)で手首&肘にストレスがかかるんです。ここがこのアームカールで一番気に入らなかった部分です・・・

って事で、じゃあ、You、作っちゃいなよ!とジャニー喜多川さん風味の内なる声が今回も聞こえてきて(^_^;、早速作ってしまいました(^_^;(実際には現物見て動かした時点でココがこうだからココをこうしてこうするのにこんな部品があったら出来そうだなあ。んじゃこういう部品があるか探してみよう。。。と速攻でイメージはしちゃってました(^_^; まぁ、最悪委託してる工場に作ってください~って言っちゃえば出来ちゃうので。。。(^_^;)

てことで、とりあえず自分でやってみる。と、某所へ行って素材を見つけたので早速加工。

 

そしてそこから採寸して穴開け加工。色々とやってるからか、感覚でやって、ほぼ出たとこ勝負なのにほぼ一発撮りで成功(笑)。職人に近づいてる?かなあと妙に自己肯定感(苦笑)。

で、前後するのですが、パーツを作る前にパーツを付けるハンドルを購入しました(^_^;

 

コレ。フィットネスクラブおなじみのイヴァンコのハンドル

元々同じ形状のハンドルは持っていたのですが回転式(軸ね)では無かったので(^_^;、コレを自作したアタッチメントに装着。この形状のハンドル(いわゆるVバー)は良くあるのですが回転式なのはイヴァンコだけでやっぱりトップブランドだなぁと痛感します。

で、完成。

こんな感じ(^_^;。。。見た目的にはアレですが、効きはバッチシです!で、一応バリエーションとして、ハンドルをもう1個交換。

こんな感じ。コレが脚のトレーニングなら耐荷重等安全性考えますが、腕に関してはまず問題無いです。って事で加工しやすいアルミで作りました。

ちなみに、このアームカール、実は旧型で新しいモデルはハンドルが外からでは無く、内側から回り込んで、今回のハンドルのように手のひらが内側を向いた角度で出来る様になっています。

こんな感じ。一応手のひらが内側を向いてアームカールが出来る様ですがやはりグリップ部分はフラット&回転するのはグリップ部分。それを考えると、ハンドルを交換して角度を変えることが出来る、グリップ部分ではなく、軸の部分が回転するのでグリップ部分は細くできる、旧型には肘が外に出ない様に外側にパッドが付いてるので腕を固定しやすい、等、機能的にはオリジナル製品を越えた性能だと自負しています。また業務用の場所を取る物ではなくアタッチメントパーツなのでスペース効率も完璧です。(負け惜しみ?(苦笑))。あと、何気に腕を置くプリーチャーベンチ部分も角度を調整出来るのも業務用より優れている部分です。

スペースに関しては、後々ですが更に機材を増やす予定がありますので。。。(^_^;

それと、コレと同時進行で、アブベンチのケーブルも交換&部品追加しました。

ケーブルストッパーのボールを追加しました。まぁ使用には関係無いのですが、ワイヤーが滑車から脱線しないようにと。。。(^_^;

って事で、見た目も大事ですが、トレーニングは効いてナンボ!インスタ映えは無いですが、筋肉はパンパンになります!

現役時代は45cm以上腕周りのあったトレーナーのいる、ボディメイクプラスワンはココ!

では~(^_^)/

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です