z

加古川のマックスジムさんに、お邪魔してきました。

こんにちは!大阪市西区江戸堀 土佐堀 京町堀 靱本町 西本町のボディメイクはお任せ下さい!ボディメイクプラスワンのヨシダです。

さて、久々のブログになりましたが、中身は、タイトルの通り、ボディメイクプラスワンの話ではなく、加古川にある、トレーニングジム、マックスジムさんにお邪魔してきたという話です。

 

マックスジムさんにお邪魔した理由ですが、諸事情で、新しいマシンのアイデアを探していたときに、以前からインスタグラムでマックスジムさんの写真が良く流れてきていて、写真のメインは、もちろんジムの会員さん達の写真なのですが、後ろに映り込んでいるマシンが、ん?これは・・・と思うメーカーの物に見えたので、コレは一回行って現物を見なくては!と思ったんです。

で、ホームページを検索してみると、やはりこのメーカーは・・・と。そして勿論、ホームページにも、こだわりのマシン群と書かれています。

と言うわけで、バイクでひとっ走りして行ったのですが、、、、、遠い!正直、加古川なめてました・・・
ナビで70分と出てるので最初から分かるやろ!って言われたらそれまでなのですが、想像より遠かったです。。。
鉄1kgと綿1kgなら同じはずなのですが、綿の1kgが何となく軽い気になるような感じです(アホな例え(^_^;・・・)

しかも、高速をバイクで走ってる途中で雨が降ってくるわ、ガソリンメーターもラスト1目盛りになるわ、到着する前に涙目でした(T_T)。。。

で、果たして到着しました。

 

ここ。撮影は帰る前だったのですが、独特の建物で、雰囲気があります。

で、恐る恐る、こんばんは~と玄関を開けたら、明らかに試合前のボディビルダー男子や女子フィジークかビキニ系の女性達が。

誰?って感じでコッチ見られて凄く気まずい感がありました(^_^;
で、すいません、ビジターで使用させていただきたいのですが・・・と言いながらカッパを脱いだら、なんと!ズボンのチャックが開いてました・・・(T_T)
単なる変態やン(T_T)・・・トホホ・・・
で、スタッフの方が施設の使用法等を説明してくださいました。コロナ対策の説明がとてもしっかりされていて、機材の消毒と手指消毒も別の薬剤を使われていたり、とても安心感のある対応でした。

で、早速着替えて機材のチェック。

中はこんな感じ(撮影許可は頂いております)。黒の壁に白いマシンが所狭しと配置されていて、良い意味で遊んでいないデザインで個人的には好きです。
ウチだと、ハードコア狙いではないので壁は明るい色ですが・・・(^_^;

マシンも、知る人ぞ知るマシンがそろっていて、懐かしい!とか、あ、これ前から一度触って見たかった奴!とマニア心をくすぐる物が。

腰に負担のかからない(と言う設定の)ベントオーバーロウイング。これ、昔から知ってたけど置いてるジム知らなかったので初体験。ふむふむ。こういう感じかー。

これまた懐かしい!25年程前に某所で始めて触ったバープルダウン。トレーニングを開始して数年、背中の効かせ方がまったく分からなかった当時、このマシンで始めて背中の効かせ方を覚えました。当施設のラットプルダウンのシートとケーブルの位置関係もこのマシンの位置関係を元にしています。写真を見ていただくと分かると思いますが、膝パッドの調整が上下ではなく、前後です。コレで前後のポジションを調整してより広背筋の上部、下部の狙いを調整出来ます。

これまた懐かしいマシン。ロウイングですが、膝を曲げて膝をパットに当てて引くのでハムストリングが短い裏腿の固い人でも引けるマシン。高重量になると膝が痛くなるのと、自分は普通に長座でロウイング出来るのでほとんど使わなかったですが・・・

これまた一時期雑誌によく載っていた、グレートスクワット。ただ、このマシン、股関節と足部が固定されるのでほとんど四頭筋メインになって、大臀筋に効かせにくかった感じが。。。マックスジムさんでも、ドンキーカーフで表記してたと思います。確かにドンキーカーフとしては良い動きです。

こちらはシーテッドロウ。ケーブルの高さを可変させられるので効かせる部位を変えることが出来ます。まぁ低くする分に関してはシートにパッドを置けばいい話なのですが、こういう微調整が出来るマシンって大事です。

こちらはインクラインベンチ。メーカー名はあえて書かないですが、これらのメーカーは全て国産メーカーで、海外ブランドより小柄で日本人の体格に合わせたデザインになっています。このインクラインベンチも小型で、むしろユーティリティーベンチ(頭部を置く部分がカットされていて腕を上に上げやすいベンチ)に近いデザインでかなり使いやすい感じでした。

と、ここで会長さんが、ビジターの申込書の名前を見て、”義田さんでしたか~分かりませんでした~”と、声をかけてくれました。20年近く前の選手なのに、会長さんも97年からジムを開業されていたとのことで、関西選手権の方で、名前を覚えていただけてたらしいです。ほんまかいな・・・と思いつつ、ありがたいことです(^_^;(チャック開けて訪問したのに・・・(^_^;)

また、写真には撮っていませんが、マシンを物色してる間、会長が試合直前の選手のポーズ指導されていました。ポージング用の照明も完備されていて、これはウチも入れたいなぁと素直に感動しました。&やっぱり現役の絞れている身体はカッコいいなぁと。

と、数台は海外のマシンも置いてありましたが、ほとんどが国産ブランドで日本人に相性の良いサイズ感のマシンがそろっていてこういうジム作りたいなぁと思いました。
もちろん、ここに僕ならもっとここをこうしたいなぁと言うアイデアも。
と言うわけで、海外製はオシャレなデザインのマシンが多いですが、国産のアイデア豊富なマシンも効きではひけをとりません。むしろ海外より良いマシンも多々あります。
ここから新しいマシンも考えていこうと思います。
マックスジムさんありがとうございました!

って事で、マシンを求めてあちこち回ったりもする、たまにチャックの開いている(T_T)トレーナーのいる、ボディメイクプラスワンはここ!

では~(^_^)/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です