z

またロウイングを手直ししました

こんにちは!大阪市西区江戸堀 土佐堀 京町堀 靱本町 立売堀 新町 西本町のボディメイクはお任せください!ボディメイクプラスワンのヨシダです!

さて、今回もマシンをバージョンアップしたお知らせです。今回も、前回手直ししたアイソラテラルロウイングの再度の手直しです。

ちなみに前回の手直しはこちらに書いてあります。

で、前回アーム部分を短くしてシート部分を前に移動させたのですが、まだもう少しシートを前に移動させた方が効きが良くなりそうだったので、再度シート部分を前に6cm移動。

こんな感じに更に前に移動。

もちろんステップ部分も前に移動。

これで引き切ったときの広背筋下部の収縮感が更に感じやすくなりました!が!しかし!シートが前に移動したことによって、ハンドル部分がシートに当たりかけに、、、ハンドル上部を握ると下手すると指が挟まれそうに・・・(^_^;と言うことでシートを一旦下に移動して固定したのですが、今度は脚がシートと座席部分とに挟まれる状態に。。。(^_^;

と言うことで、シートを短いサイズで作り直しました。

これが、

こんな感じに。

で、実際に引いてみると。。。

こんな感じに。あえて書くと、広背筋下部に効かせる引き方です。ほとんどの方はロウイング時に腕を引きすぎ(肘が身体を超えるところまで引いている)なのですが、本来ロウイングは、腕は、ほぼ身体の横(時計で言うところの6時)まででそれ以上引いてしまうと肩の方に収縮が逃げてしまいます。

また、24時間ジムのロウイングはハンドルを水平に引くタイプが多いのですが水平に引く場合、フィニッシュのポジションでこの位置に来るようにセッティングするのがかなり難しくなります。故に上級者はレバレッジ系のハンドルが回転するタイプを好みます。(このロウイングの場合、引き始めはハンドルのポジションは高く、引くにつれてハンドルが下がって広背筋下部が収縮した位置でフィニッシュ出来るので)

これで効きはもちろん、手も脚も挟まること無くロウイングを行えるようになりました(^_^)/

とりあえずアイソラテラルロウイングはこれで完成として良いかなとは思うのですが、まだ少し考えている部分もあります。。。
ちなみにこのマシン、販売もしてますが、販売時はシートの付け根部分は延長パーツ無しでこのセッティングになるように製造いたします。

もの作りするときは、宇宙兄弟の難波ムッタが言ったセリフ、

”いい素材を使っているモノが、いいモノとは限らねえんだ! だけど・・・失敗を知って乗り越えたモノなら、それはいいモノだ!”って言葉を意識しています。3人、、「作 自で レ 失 な が る る そ乗知失 敗 な な越てを 越 ら え た 世 そ れ モ は モ え , ノ て だ だ」というテキストのマンガのようです

これ。宇宙兄弟は名作です。

って事で、たまにマシンメーカーになるトレーナーのいる、ボディメイクプラスワンはここ!

では~(^_^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。